千葉県千葉市の整体院/オスグット病、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、五十肩、肩こり,座骨神経痛、自律神経失調症 、病院、整骨院の治療で良くならないならココ!

自律神経失調症
自律神経失調症Top
自律神経失調症と整体
自律神経とは
自律神経失調症とは
自律神経失調症とストレス









Home > 自律神経失調症 > 自律神経とは
自律神経とは

自律神経とは



自分の意思とは無関係に
臓器や器官など

からだの調整をしているのが自律神経です。



人は体を動かして仕事をしたり、

スポーツを楽しんだり、 

くつろいで休んだり、食事をしたり、

お風呂に入ったりほか様々な行動をしています。



また、私たちは日常生活の中では

多くの人と出会い、別れを繰り返し、

楽しい思いをしたり、悲しこと、

腹を立てること、嬉しいことなど

いろんなことを感じながら生きています。


自律神経はいつも心身の調整をしている


感情や行動、日々の天気の変化、

気温の変化や、季節の移り変わりなどに対して 

呼吸、代謝、体温、臓器、器官、血液循環など、 

身体の様々な機能を、自動調整するシステムを

私たちは持っています。

それが自律神経です。

 

自律神経のしくみ

 

自律神経の働きは多彩ですがその構成は 

交感神経と副交感神経とからなり、

そのバランスで調整をおこなっています。

 

交感神経が働くと活発な体調となり

エネルギーを消費する体調になります。

 

副交感神経が働くと休息の体調となり、 

エネルギー消費を抑え備蓄する体調になります。

 

例えば交感神経が働くと血圧が上昇し、

脈が早まり、汗を出し、呼吸が速くなります。

 

副交感神経が働くと血圧が下がり、

脈をゆっくりにし、呼吸がゆっくりになります。

 

このように、状況に応じてどちらかの機能が高まり,

もう一方が下がるというように、

交感神経と副交感神経はシーソーのような関係で

体の状態を調整します。

自律神経の仕組み


 

交感神経優位と副交感神経優位の状態とは

 

交感神経優位の状態は簡単に言えば

「元気ハツラツ」モード 

日中に優位になります。


アドレナリン、ノルアドレナリンが分泌されます。

これはともに「興奮、緊張」作用があり

心臓の鼓動を高め、血管を収縮させ

血圧を上げるなど

心身に活を入れ活動的な状態にします。

逆に消化器官の働きを抑えます。

 

交感神経優位はエネルギー消費モードですので

行き過ぎれば疲れていきます。 

それをエネルギー回復モードにするのが副交感神経です。



副交感神経優位の状態は、「ゆったりのんびりの体調」です。 

夜間の休息時や食事を取るときに優位になります。 

アセチルコリンという神経伝達物質が分泌され、

心身をリラックスさせます。


心臓の拍動をおだやかにし、

管を拡張して血流をスムースにします。 

また、消化を促し、排便も促進されます。

 

自律神経と心、感情  

交感神経が働いているとき

アドレナリンとノルアドレナリンが分泌され、 

心も活動的、興奮気味になります。

 

しかしそれが過剰になれば、

我を忘れるような興奮状態になってしまいます。 

 

また、副交感神経が働いているときは

アセチルコリンが分泌され 

心は穏やかになります。

いきすぎると元気が無い状態になります。

 

心、精神状態が自律神経に影響を与えもします。 

楽しい、嬉しい、やる気満々、

または怒っている、頑張っている、緊張などの 

精神状態は交感神経を刺激します。

 

ゆったりした気分、悲しい気分のときは、

副交感神経を刺激します。

 

自律神経と運動

例えば運動で呼吸数や心拍数が増え、

汗が出るのも自律神経の働きです。 

 

スポーツをしているときに

心臓の鼓動を早めたり、

呼吸を早めたり、

汗を出したりしているのは、

この自律神経の働きによります。

 

スポーツによって消費した筋肉の酸素を補うために

呼吸を早め、血液の流れを速め、

上昇した体温を下げるために発汗しているわけです

 

体を激しく動かしているときに、

このような活動をしなかったら、 体は熱くなりすぎて、

かつ酸素不足で、危険な状況に なってしまいます。


自律神経と環境 

自律神経は季節や気温、光など周辺の環境にも

適応するためにも調整をしています。

季節と自律神経 気温が高ければ

発汗させて体温を下げたり、

気温が低ければ発汗を抑え 

体温の低下を防ぎます。


光が強ければ目の瞳孔をせばめて目を守り、 

暗いときは瞳孔を広げて見やすくします。

 

そうした自然環境に対しても

自律神経により、適度な状態を保とうと 

調節がされています。

 

自律神経の主な働き

自律神経の働き  

自律神経と免疫力  

血液には細菌やウイルスの体内侵入に対し、

それをやっつける白血球があります。

自律神経と免疫力


自律神経は白血球の内容にも

影響があります。

 

血液には

白血球と赤血球、血小板があります。 

赤血球は酸素と炭酸ガスを運搬します。


白血球は体内に侵入した細菌や

異物体の老廃物を取り込んで

やっつけます。

 

つまり、体内の殺菌、老廃物や異物の処理をおこない、

体の汚れの掃除と病気の防止をしているのです。 



白血球は大きく分けて顆粒球、リンパ球、単球とあり、 


単球と顆粒球は異物、細菌などをやっつける役割をもち、 


リンパ球はウイルスをやっつける役割です。

 



その顆粒球とリンパ球の活動が

自律神経により調整されています。

 


交感神経優位(ストレス)が続くときは、顆粒球が増加。 


副交感神経優位(リラックス)が続くときは

リンパ球が増えます。

 

 

 

 

 

 

   

  

   

健康管理、リラクゼーションとしてもお気軽に利用ください 

 

  

 自律神経失調症、病院で良くならないならココ電話0432253232

携帯:090-6152-8122

状況により留守電にとなる場合もあります。 

その場合、メッセージいただければその日のうちに

折り返しお電話いたします。

 

千葉市(若葉区、中央区、花見川区、稲毛区、緑区、美浜区)はもちろん、

市原市、船橋市、市川市、四街道市 

八街市、佐倉市、成田市、茂原市 八千代市、木更津市、

松戸市、浦安市などの千葉県内や

 

東京都、神奈川県、埼玉県、栃木県、茨城県など

遠方からも来院のある効果重視の整体院です。

 自律神経失調症、早めの施術が早期回復のポイント

千葉県千葉市中央区中央3-15-14アソルティビル6F

 いっぽ自然整体院

  整体予約は電話0432253232

携帯090-6152-8122





  • Copyright(c)2018 千葉市中央区いっぽ自然整体院, All rights reserved.
オスグット、椎間板ヘルニア、膝痛、自律神経失調症,病院や整骨院などの治療で良くならないなら千葉市の「いっぽ自然整体院」へ