千葉県千葉市の整体院/オスグット病、椎間板ヘルニア、ぎっくり腰、五十肩、肩こり,座骨神経痛、自律神経失調症 、病院、整骨院の治療で良くならないならココ!

健康情報
整体理論
整体理論2
整体理論3
整体理論4
まだまだ若いのう(整体理論5)
歳をとっても元気に(整体理論6)
整体理論7
整体理論8、根本の原因について
整体理論9、根本の原因その2
健康とは(健康の定義)
近代医療と代替医療
健康の語源
整体とは
整体業界の現実
整体院の選び方
ゴッドハンドという言葉
接骨院(整骨院)の保険不正請求問題
接骨院(整骨院)不正請求を無くすために
整骨院不正放置のツケ
なめられている国民健康保険
交通事故自賠責保険詐欺
血液ドロドロ商法
リンク集
各種施術院リンク









Home > 健康情報 > 整体業界の現実
整体業界の現実

整体業界の現実について

 

「整体師になりたい。」「整体を勉強したい。」 

こうした整体などの療術を習い、生活の糧とすることは、

かなり困難なことだと認識の上、

その覚悟の上ならば、

その選択は個人の自由です。

困難さのかわりにやりがいのある仕事でもあります。

 

しかし、この業界の現実はどういうものなのか、

そういった情報はあまりないのかも知れません。

 

あっても信憑性のないものでは意味がありませんので 

私の知る範囲ではありますが 

そういった情報を公開したいと思います。 

 

もしもこの世界で仕事をするのであれば、

それを踏まえたうえで、検討されたらと思います。

 

また、例えば整体の資格も、一般の方にとって、

どういう資格なのかご存じない方も多い。 

整体の資格は民間資格です。 が、その意味も知らないし、 

また、国家資格だから

接骨院の先生は医者だと思っていたりと、  

一般の方が知らない事が多々あるようです。 

そうしたことも含め説明をしたいと思います。 

 

整体という資格について

整体やカイロ、リフレクソロジー、オステオバシー、

その他にも手技療法は把握できないほど種類があります。


しかし国家資格となっている

柔道整復師、鍼灸、あん摩マッサージ指圧師 

以外は民間資格です。


 

民間資格は社会的には無いに等しい。 

素人が、急に「今から私は整体師だ。」

といえば整体師だと言う事です。

 

ただし、要はそれで患者の要望に応えられるかですが、 

当然、治すどころか、壊しかねません。


普通は、しっかりと勉強や練習を重ね、 

それから仕事として患者(またはお客)を施術します。


しかし、そういった勉強をするスクールも

国家資格のような基準がありませんので、 

教える技や内容も千差万別です。


ひどいものには、通信講座で資格をだしていたりもします。

手技を習得するのに直接技を体験、実施練習せずに

習得できるはずがありません。 

(まあ、民間資格なのでその内容はスクールの自由なのでしょうが。)

 

長期間の勉強をするところがあったり、 

逆に短期間でお手軽な料金で行うところがあったり、 

技も違えば、期間、授業料はスクール毎に違う。

資格は何処で習得の勉強をしたかの証明ですが、

要はしっかりと治す技を身につけられるかであり、

それは習得の期間や料金などとは無関係です。


それなりに指導がしっかりしたところは

それなりの料金、習得期間かもしれませんが

料金、期間が高ければ良いスクールとも限りません。

 

そして国家資格だから治るわけでもありません。

結局はその施術者が

どれだけ技や知識、能力を高めてきたかです。

資格はその一つの目安でしかありません。

 

接骨院の将来性

民間資格の整体やカイロではなく、

国家資格である柔道整復師、つまり接骨院ならどうか。


接骨院(または整骨院、、接骨院と整骨院は同じです。)は

健康保険が使えるので 

患者も安い料金で治療を受けられる、、、?
当然保険の使えない整体等の集客力とは

比べようの無い強みです。 

そうたいていの人は考えるかもしれません。

 

しかし、現在この接骨院は非常に大きな問題に

直面しているといっていい。 

柔道整復師は 

打撲、捻挫、挫傷(筋、腱の損傷)、骨折、脱臼などの

施術をする資格です。 

 

診断も医師ではないのでできません

しかも応急手当をする場合を除き

脱臼又は骨折の施術は医師の同意が必要です。 

つまり上記以外の症状を施術することは資格外のことです。 

 

日常生活やスポーツによる単なる疲れや

肩こり、筋肉疲労 、外傷とはいえない病気 、 

長期にわたる腰痛などの慢性疾患 等は

健康保険は使えません。 

それを治す資格ではないし治す勉強も訓練もしていないのですから。

 

そして接骨院の数、柔道整復師の急激な増加、 

接骨院における不正な健康保険申請の蔓延 

という問題により接骨院の将来は現在厳しい状況です

 

接骨院の数はここ数年で急激に増え続けており、 

このペースだとコンビニエンスストアの数を超える勢いです。


 

新規の接骨院がどんどん増え、

少し歩けばまた接骨院があるほど、増加しています。

そのために接骨院同士の競争も激しくなっていると言う事です。 

 

特に大きな問題になっているのが

接骨院による不正な保険請求です。

 

2010年の会計検査院の報告によれば

接骨院の6割が不正請求を行っていました。 

施術回数を水増ししたり、

やってもいない施術を架空請求したり、 

保険適応外のことを症状を改ざん

して健康保険組合に請求する詐欺行為を 

驚くことに6割の接骨院が行なっていたのです。

 

そうした状態を改めんと、領収書発行の義務化のほか、 

厚生省は接骨院への指導を強化していますが

それでも不正請求はあとを絶ててません。

 

骨折や脱臼などは病院にいく方が大半であり,

実際にはほとんどの接骨院が

慢性疾患の腰痛や肩こりなどに対応しています。

 

しかし柔道整復師の資格や技術は

それには対応できません。 

接骨院の施術も資格以外の

マッサージ、整体等を身につけないと 

やってゆけないのが現状であり、

そのため民間資格の整体などを勉強したり 

マッサージ師や整体師を雇ったりもしています。

 

しかしそれは本来保険が利かないので、

本来は実費を患者からいただくわけですが 

そうすると料金が高いから患者が来ない。 

だから、保険組合には症状を改ざん請求するわけです。 

要は保険の悪用。詐欺です。

 

「皆さんの健康のために、、」と言いながら 

健康保険制度を崩壊させるような行為をしている

悪質な接骨院が度々摘発されてきています。

症状の改ざんだけでなく回数の水増し、負傷箇所の水増し、

知り合いの保険証や過去の来院者の保険証を使った架空請求

など、時には暴力団も関与した詐欺も摘発されています。

 

保険適応症状だけでは生活できない、

そして保険制度不正防止の厳格化、

競合接骨院は沢山あるなど接骨院は経営的に厳しく、

国家資格としての柔道整復師とはいえ

資格、技術の信頼性も乏しいのが現実です。

 

リラクゼーション的整体 

整体、カイロなどこれら民間資格は基準が無いがため、

そのスクールによっては本来必要な医学知識等も

勉強しないところもあります。

 

また、その技も治療というより、

単にリラクゼーションを目的としたものを 

教えるだけのところもあります。 

 

そんな慰安目的の手法であっても、

スクールとしては治療的効果の実績が無いとは 

けっして言わないでしょう。


腰痛にはこの技、肩こりはこの技と、

説明して指導するわけですが

相手がリラクゼーション目的のお客さんなら

それでもいいのですが、

本当に辛い状態で腰が痛い、肩が痛いなどといった方には、

そういった手法での勉強は、まず役立てないと言っていいです。

 

しかし、スクールでは「これで良くなる。」と

指導されているのでやってみるわけですが、 

実際にそういう場面に直面してようやく学んだことは 

役に立たないということに気づきます。

 

スクールを卒業して独立して施術院を開くとか、

サロン、施術院のスタッフとして 

勤務するなどの仕事に就くとします。

 

しかしそういったリラクゼーション的手法は、 

はっきり言って少しの勉強と練習で出来ることです。

実際の収入は一般の仕事の時給と大差はありません。 

多くは歩合、個人事業主としての契約であり 、

最近はやりのリラクゼーションサロンでは

2,3週間の研修で配属ですが、

理論や知識はほとんどありません。

 

独立して施術院を開いても、

そのような手法ならだれでもできる程度ですから、 

立地やそのほかの経営的要因でよほど有利なものが無ければ 

すぐにやってゆけないことに気づきます。 

「一生使える資格と技を身につけませんか」

スクールに誘う文句ははっきり言ってだまし文句です。

 

国家資格の整骨院や

針灸あんまでさえ食べていくのに大変なのに 

社会的に無いに等しい民間資格の整体などなおさらです。

 

効果への絶望、ありきたりな手法、

安易な手法がために競争力が弱いなどに気づくわけです。

 

そうなるとあとは価格競争でいくことになります。 

リラクゼーションを目的に

60分3000円など料金を下げて数をこなす、 

そういうスタイルのチェーン店が近年多くなってますが 

施術する側は大変です。 

体の負担の割りに、収入はけっして多く無いのですから。

 


整体の効果の現実(治療系整体) 

前述のようなリラクゼーション整体は別として、

 

ホームページや広告などで

「こんな症状がたったの1回で良くなった。」 

という話を載せていることがよくあると思います。

 

当院のホームページもそうです。

それって本当なのかな?

 

当院に限って言えば、それは事実です。
 

しかし、全ての人がそのように

1回で良くなり完治したと言うわけでは 

けっしてありません。


大半が何度か通院して良くなるという方のほうが

圧倒的に多いです。

 

1回で、、、、というほうがインパクトがあるので、

そういう事例はよく紹介しますが 

実際はそういうものです。

 

ただ、手法によって効果の高さ、低さはやはりあります。

そして同じ手法であっても人によって、 

つまり施術者の個性によってその効果も違ってきます。

 

同じ手法の先生との話しで、

ある症状についての意見を聞いたところ 

その症状はこれまでにやっていないので、、、と言われました。

 

経験が少ないのでまだ治せるか自信はないとのことです。 

また、当院はオスグット症の患者が多いのですが、 

他の手法の先生と話す機会があり、 

このオスグットの対応はどんな感じでやるのかとうかがうと

オスグットという症状の存在自体も知らない

という先生もいました。

 

以前に当院の患者で一向に改善が見られない方を 

超一流と言われる整体の先生のところに連れて行き 

治療をお願いしたことがあります。


そのようなお願いを聞き入れていただけること自体 

その先生は大したものだと感じます。 

しかし、その患者はどうなったのかというと、 

その先生でも良くできませんでした。


同様なことを他の有名な先生にもお願いしましたが 

やはり当院で苦労している患者さんは他の先生でも 

やはり苦労する可能性が高いようです。

 

症状がひどければ

この世界の達人でも治すのは苦労するということです。

 

施術の効果、それは絶対的ではありません。 

それは病院の治療においても同じことです。

 

私の場合で言えば、およそ5回までの施術で50%。

10回の施術で70%。 

20回で90%がよくなる。

 

ちなみに1回の施術で良くなって終了という方は

5%もないでしょう。


(単なる軽い肩こりなどを楽にしたいとか、

疲れの解消とか、メンテナンス 

など患者の状態が特に深刻ではないものは除外。)

 

残った10%はさらに回数を要するか、症状の軽減まで。 

つまり絶対に治るとは言い切れない。 

それでも、こういった療法において、 

かなり良い結果を出しているといっていいと思います。

 

おそらく、数ある施術院のうちで、 

ここまでの結果を出せないところが

大半(7、8割方くらいか)だと思う。


いわゆるリラクゼーションサロンなど、患者も、施術する側も 

1回ポッキリの関係だということで

互いに多くを期待しない場であれば 

そんな効果を気にすることは必要がないでしょう。

 

卒業生がいわゆるリラクゼーションサロンに

卒業後努めているところなら 

その程度の手法だといえます。

 

そういうリラクゼーションを

初めから希望するなら良いのですが、 

治療を目的にした方に対応したいというのなら

そういうスクールは避けることです。


効果が出せないところが多いというのは、 

まずそういうリラクゼーション程度のスクールが

多いからともいえます。

 

そんな整体スクールでの勉強では

効果が出せないといっていいでしょう。

 

効果がある手法の勉強をしたとしても

現実にそれが治せるかというと

それは絶対的なことともいえません。

 

施術者によって、その効果の違いもあります。

そして人はそれぞれ違うので回復する時間(回数、期間)は

これも人それぞれということは当然です。

 

人による違いは様々な要因があり、

考え方、生活習慣、仕事、からだの使い方、 

癖、怪我や病気の期間、ストレスほか様々な要因により 

皆それぞれ違った人となっています。

 

人はみな同じなら治療は簡単でしょうが、人はみな違うのです。 

治療の難しさはまさにそこでしょう。

 

ですから、その勉強には終わりがないのかも知れません。

柔道の技を身に付けても、

試合で必ず相手を投げられるわけではありません。

 

整体スクールを卒業しても、

それは技の形や考え方の基本だけであって 

それをどう発展させ用いるかは

まさに経験や絶え間ない努力、研究が 

要求されていくと考えています。

 

技術、知識、経験、人間性、

さらにそれらを継続できる経営力など 

生涯絶え間なく研鑽し続けても、 

終わりはないものと思ったほうがいいでしょう。

いくら技、腕が上達しても

それが経営と比例して儲かるかといえば

そういうわけでもありません。

 

 卒業後の実態

 

よくスクールの宣伝に、

独立開業なら定年はありません。」 

アピールしていることも多いでしょう。 

個人経営なら定年がないのは

整体に限ったことではありません。
問題は歳をとっても、

自分自身の身体が動けるかということと、 

経営的に継続できるかです。

 

それもどんな個人経営でも同じことです。

 

特に今の景気状況からして個人経営は

相当の覚悟と工夫、努力が必要です。

 

全体の景気が落ち込む中、

この業界はどうかといえば 

同様に非常に厳しいのが現状と思います。

 

リストラなどで仕事を失った方が、

再就職をするにしても 

仕事自体が少ないので、

いっそ自分で経営をと考える方も多いと思います。


だから整体スクールにとっては不景気は逆にチャンスです。

 

整体などを教えるスクール側は、

とにかく入校させるのが一番の目的です。
独立後はかなり苦労すると言ったら誰も入校しません。


だから、一部のうまくいっている施術院を例にして

一部の施術院がうまくいっているだけなのに、
みんな経営がうまくいっています、、とあおります。

 

経営的アドバイス、指導もしっかり行います

という宣伝をするスクールもあるでしょうが

当然誰でもうまくいく保障などまったくないのです。

 

こういった営業手法はどこもやっていることかもしれませんが 

いわゆる治療、癒しを目的にするがゆえに、

まさかいい加減な話はしないだろうとスクール側の話を 

そのまま鵜呑みにしてしまう恐れがあります

 

この業界では3年で半分、

10年で9割が廃業とも言われますが実際は 

もっと厳しいのかもしれません。

 


私が以前勉強したリフレクソロジー(足裏マッサージ)の場合

30人以上の生徒がいて、 

5年後にその仕事を継続しているのが1割以下の2,3人です。

 

もちろん全ての人が失敗するわけではありませんが、

この業界に入りたい方は、


そういう現実をよく見極きわめて

検討いただけたらと思います。

 

整体スクールの中にはリラクゼーションサロンを直営して 

卒業者を雇うところもあります。 

そこで働く人の給料はその多くがアルバイト、パートであり、 

その時給は一般的な仕事より 

そう高いわけでもありません。


せっかく高いスクール授業料を払ってそこを卒業しても 

仕事が時給1000円程度です。

 

それでも我慢して働いても、スクール側では、 

どんどんと卒業生が生み出されるので 

直営サロンを増やすか、

現状働いている人を追い出すかとなります。

 

経営的にうまくいき

サロンを増やしていけるならいいのですが、そうでなければ 

待遇等を厳しくして自主的に辞めさせるようする経営方針に 

なりかねないわけです。

 

独立起業

 

では自分で施術院を開業するという方法はどうか。 

整体は家賃や広告以外、物販をしないなら

たいして費用はかかりません。

 

家賃も自宅で行うならそれもかからない。 

広告も最近はインターネットがあれば

チラシを折り込みするよりはいいかもしれない。

 

家賃も広告も物販もいらないなら、

施術料金がほとんど収入です。 

1日3人×5000円なら月25日で375000円、年450万ということ。

 

でも、自宅で、広告なしで、 

はたして1日3人くるかというと普通は来ません。

 

実際そのような形態でやっている方の実績は月5〜30人、 

収入は10万いけばいいほうで、

時には2、3万くらいという月もあるといいます。

 

では、いい場所を借りて広告すればいいのか。 

収入は増えますが経費もかかります。 

簡単にうまくいくなら、誰も苦労はしません。

 

治療院、美容院、飲食店は個人経営が多いからでしょうが 

経営セミナーへの勧誘が多い。 

それは、経営がうまいかない場合が多いからです。

 

それでも成功している施術院もあります。 

しかし、独立開業での成功は

この業界に限らず現実はかなり厳しいことと 

覚悟が必要です。  

最近の不況はこの業界でも影響は大きく、 

競合も増え、経営的に厳しいのが現実です。

不況により職を求める方が増え、こうした勉強をすることで 

仕事としてこの業界を志すかたが、増えているともいえます。

 

しかし、実際には

せっかく勉強しても効果が出せずに苦しんだり、 

経営的に苦しんだりしている方も多いのが現実です。


整体スクールは生徒を募集するにあたり、

そうした現実を伝えず、 

経営指導もしっかりしますなど、、、 

というものの、結局は自己責任です。 

 

そういったことを踏まえた上、

これからこの業界を志すのであれば 

是非、不調に悩む方々の手助けとして、やり遂げて、 

そして成功していただきたいと思います。





  • Copyright(c)2018 千葉市中央区いっぽ自然整体院, All rights reserved.
オスグット、椎間板ヘルニア、膝痛、自律神経失調症,病院や整骨院などの治療で良くならないなら千葉市の「いっぽ自然整体院」へ